水晶占いってどういったもの?

 

占いといって想像するのと水晶を使った占いが頭にパッと浮かびませんか?

 

 

私は子どもの頃から占いと言うと「水晶占い」で水晶を見て本当に未来や過去がみえるのかな?と思うことがたくさんありました!
一体、水晶占いはどのように占っているのでしょうか。紹介したいと思います。

 

水晶占いとは?

水晶占いには主に2つやり方があります。

一般的によく知られているのは水晶に手をかざしながら見て占う方法で今も使われています。

 

もう一つは小さな水晶の石を使って投げ、その割れ方などで占う方です。「石占い」とも呼ばれ、昔はこちらの方が主流だったと言われているそうです。

ではこの二つそれぞれ紹介しいと思います。

 
 

水晶をみて占う方法

水晶占いは水晶に映し出されるイメージを読み取る事で占うものです。だれでも水晶を見れば占えるものではなく、占い師の能力も必要なので霊視や透視が出来る人が多いです。

 

水晶占いは、ヨーロッパでは昔から良く使われてきた占いで水晶を見つめる事で瞑想のような効果が得られ、そこからインスピレーションを感じます。

 

その結果、ひらめきが生まれ物事の予測や判断が出来るようになるのです。

また、水晶のように光が入りやすいものは陰影がわかりやすいのでその陰影によって吉凶を判断していたとも言われます。

 
 

小さな水晶の石を割って占う方法

小さな水晶の石を投げて、その割れ方を見て占う方法。今はあまり一般的ではないかもしれませんが昔ながらの占い方で占う場合は、この方法が取られる事があります。

 

石の割れ方にも色々あり、綺麗に真っ直ぐヒビが入るものもあれば、四方八方に亀裂が入ったり、その割れ方から占うのです。後は、割れる時の音や響き方など小さな情報からも総合的に判断して占う事が多いです。

 
 

どんなものが占える?

水晶占いは未来の事を占うのにとても最適です。

 

「これからの人生どうなっていくのか?」
「結婚出来るのか知りたい」
「今の仕事に満足していない転職してもうまくいくのか」
など、未来の自分について知りたい時に良いです。

 

選択・決断の時にも最適です。

選択に迷ってしまってなかなか自分では決められないこと、決断しなきゃいけないけれど自信がないことなどあれば水晶で占って貰う事ができます。

 

自分の過去の行い、前世、相手の気持ちを知りたい時にも使われる事があるそうです。

 
 

最後に

水晶占いは、自分でも学べばできる占いだそうです。是非興味のある方は、やってみてはいかがでしょうか?